今月の健康コラム

Home今月の健康コラム

高血圧ってどんな病気?

高血圧は自覚症状がほとんどないため、健康診断で指摘されてもそのまま放置してしまう人が少なくありません。しかし、糖尿病や脂質異常症などとともに、心筋梗塞や脳梗塞の危険因子の一つと位置付けられる重要な生活習慣病です。日本における高血圧有病者数は約4300万人と推定され、60歳代以上の60%が高血圧と言われています。高血圧になると血管に常に負担がかかるため、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなって固くなったりして、動脈硬化を起こしやすくなります。高血圧を正しく理解し、予防のためにライフスタイルを改善したり、適切な治療を受けることが大切になります。

 

そもそも高血圧とは、安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態をいいます。ちょっとしたきっかけ(気温の変化、睡眠不足、緊張や興奮、急激な運動など)による一時的な血圧上昇は高血圧とは言いません。そこで、高血圧と診断するためには正しい血圧測定が必要になります。血圧は健康診断時や病院受診時に測る方が多いと思いますが、高血圧の診療方針をまとめた「高血圧治療ガイドライン2014」では、「診察室血圧と家庭血圧の値に差がある場合には、家庭血圧による診断を優先する」と、家庭血圧が重視されています。家庭血圧での高血圧診断基準は収縮期血圧135mmHg以上・拡張期血圧85mmHg以上と、診察室での診断基準(収縮期140mmHg以上・拡張期90mmHg以上)よりもやや低めに設定されています。(1)

 

家庭血圧の測り方をご紹介しますので、ぜひ測定してみましょう。

◇椅子に座り、12分安静の後に測定しましょう。

◇上腕カフ式血圧計を使用しましょう。

心臓の高さに近い上腕部での測定が最も安定しています。

◇起床後と就寝前に2回ずつ測定し、朝と夜それぞれの平均値を出しましょう。

◇朝は起床後1時間以内。排尿後、朝食や薬を飲む前に測定しましょう。

◇夜は就寝前。夕食や飲酒直後、入浴直後の測定は避けましょう。

 

家庭血圧が基準を越える日が多いようであれば、まずは食生活や生活習慣を見直しましょう。塩分の多い食事は血圧上昇の原因となります。16gまでの摂取を目標にしましょう。また、肥満や運動不足は動脈硬化を促進させ高血圧の原因となります。通勤でのウオーキングなど毎日30分程度の有酸素運動を心がけ、適正体重を維持しましょう。喫煙・アルコールの過剰摂取・睡眠不足なども血圧に影響しますので気をつけましょう。生活習慣を見直しても血圧が下がらない場合には、降圧薬治療を考慮することになります。降圧目標(2)は年齢や合併症によってかわってきますので、かかりつけ医をつくり相談しましょう。

 

高血圧治療ガイドラインは2019年に改訂される予定ですので、最新情報をまたこのコラムでご紹介します。

 

(大関敦子)

図1:血圧測定と高血圧診断手順(高血圧治療ガイドライン2014より)

図2:降圧目標(高血圧治療ガイドライン2014より)

糖尿病ってどんな病気?

1114日は何の日でしょうか?

今回のコラムでは、糖尿病について説明いたします。糖尿病は、世界中で年々増え続けている病気です。実際、日本でも糖尿病人口の増加は深刻です。平成28年の国民健康・栄養調査では、「糖尿病が強く疑われる人」と「糖尿病の可能性を否定できない人」を合わせると約2,000万人。つまり、日本人の約15%に相当しますので、糖尿病は決して他人事ではありません。こうした中、国際連合は1114日を「世界糖尿病デー」と決め、糖尿病の予防や治療が重要であることを全世界に広める取り組みを行っています。(図1)は、世界糖尿病デー願いを形に表した、「ブルーサークル」です。ブルーサークルは、青い空をイメージしています。世界中、どこまでも広がる空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」を意味しています。つまり、「世界で団結して糖尿病と闘いましょう」という願いが込められています。ちなみに1114日が選ばれた理由は、糖尿病治療にとても重要なインスリンを発見したバンティング博士の誕生日だからです。インスリンについては、このコラムで説明します。

糖尿病はどのような病気でしょうか?

糖尿病は、インスリンの働きが悪いことが原因で、慢性的に血糖値が高い状態が続く病気です。食事やお菓子を食べたり、甘いジュースを飲んだりすると、消化管で糖分が吸収され、血糖が上がります。本来、血糖は体にとって重要なエネルギー源です。ですので、体の中には、血糖を上げるように調整してくれるホルモンが何種類も存在します。私達が多少の長い間、食事を食べなくても元気に生きていけるのは、こうしたホルモン達が血糖を上げてくれるからです。ところが、血糖は高ければ良いのかというと、そうではありません。血糖の上がり過ぎが体にダメージを与えてしまうので、血糖が上がり過ぎないように、うまく血糖を下げてくれるホルモンがたった1つあります。それが、インスリンです。インスリンは、膵臓で作られ、血液中に分泌されます。インスリンのおかげで、私達は血糖値の上昇を心配せずに飲み食いが出来ます。ところが、膵臓からのインスリンの分泌が落ちてしまったり、様々な原因でインスリンの効き具合が悪くなってしまったりすると、血糖が下がりにくくなり、血糖値が高い状態が続きます。

糖尿病はどのような病気でしょうか?

糖尿病は、インスリンの働きが悪いことが原因で、慢性的に血糖値が高い状態が続く病気です。食事やお菓子を食べたり、甘いジュースを飲んだりすると、消化管で糖分が吸収され、血糖が上がります。本来、血糖は体にとって重要なエネルギー源です。ですので、体の中には、血糖を上げるように調整してくれるホルモンが何種類も存在します。私達が多少の長い間、食事を食べなくても元気に生きていけるのは、こうしたホルモン達が血糖を上げてくれるからです。ところが、血糖は高ければ良いのかというと、そうではありません。血糖の上がり過ぎが体にダメージを与えてしまうので、血糖が上がり過ぎないように、うまく血糖を下げてくれるホルモンがたった1つあります。それが、インスリンです。インスリンは、膵臓で作られ、血液中に分泌されます。インスリンのおかげで、私達は血糖値の上昇を心配せずに飲み食いが出来ます。ところが、膵臓からのインスリンの分泌が落ちてしまったり、様々な原因でインスリンの効き具合が悪くなってしまったりすると、血糖が下がりにくくなり、血糖値が高い状態が続きます。

どのように糖尿病の診断をつけるのでしょうか? 

高血糖が慢性に続いていることを証明する必要があります。適切な診断のためには、血液検査を受けていただく必要があります。糖尿病の診断や治療に有用な代表的な項目として、血糖値、HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)があります。血糖値は、血液検査を受けるときの状態によって、絶えず変わります。しかしHbA1cは、血液検査を受ける瞬間からさかのぼって、過去1~2カ月間の血糖値の平均が分かります。つまり、血糖値が正常であっても、HbA1cが高ければ、過去1~2カ月間は血糖が高い状態が続いていたことになります。ただし、「口やのどが渇く」、「尿量が多い」、「不自然に体重が減る」などの自覚症状がある場合や、糖尿病網膜症(糖尿病による眼の病気)がある場合は、初回の検査だけでも糖尿病の診断がつきます。また、初回の検査で異常を認めなくても、過去にこれらの自覚症状があった記録や、過去に糖尿病型を示した資料(検査結果)がある場合も、糖尿病の疑いをもって慎重に対応する必要があります。

糖尿病にはどのような分類があるのでしょうか?

糖尿病には複数の分類があります。糖尿病のほとんどは、2型糖尿病です。若い頃はインスリンがきちんと働いて血糖値を下げてくれていたにも関わらず、食事の乱れや運動不足、肥満などが重なり、インスリンの効き具合が徐々に悪くなり(これをインスリン抵抗性と呼びます)、2型糖尿病を発症します。一方、インスリンを作ってくれる膵臓の細胞が壊れてしまい、インスリンが完全に分泌されなくなる1型糖尿病もあります。一般に、1型糖尿病はお子さんに多く、2型糖尿病は成人に多い傾向があります。しかし、1型糖尿病は成人でも発症することがあり、最近は生活環境の変化からお子さんでも2型糖尿病を発症することが増えてきました。また、膵臓の病気や肝臓の病気、感染症、薬の副作用などで発症する糖尿病や、妊娠によって発症する糖尿病もあります。このように、糖尿病には様々な分類がありますので、健康診断や人間ドックで糖尿病の診断を受けた方は、必ず医療機関を受診するようになさってください。

糖尿病にはどのような合併症があるのでしょうか?

糖尿病の合併症として、急性期の合併症と慢性期の合併症の2つがあります。まず、慢性期合併症から説明します。糖尿病が長期間続くと、全身の血管がダメージを受けてしまいます。細い血管(細小血管)がダメージを受けてしまうと、網膜症(目が見えづらくなる病気)、腎症(腎臓の働きが落ちる病気)、神経障害(手足のしびれなど、様々な感覚異常が起きる病気)が起きます。太い血管(大血管)がダメージを受けてしまうと、冠動脈(心臓の働きが落ちる病気)、脳血管(脳の働きが落ちる病気)、末梢動脈(足の働きが落ちて歩けなくなる病気)が起きます。これらはいずれも、日常生活をおびやかす危険な病気です。また、急に血糖値が上昇してしまうことにより、糖尿病ケトアシドーシスや高血糖高浸透圧症候群という急性期の合併症も起きます。急性期の合併症はあまり知られていない印象がありますが、命をおびやかす危険な病態です。最近の研究結果では、骨折、歯周病、感染症、認知症、一部の癌では糖尿病との関連が高いことも知られています。

糖尿病にはどのような治療があるのでしょうか?

糖尿病の治療として、食事療法、運動療法、薬物療法の3本柱が重要です。ただし、治療は千差万別です。糖尿病の分類、生活背景や御年齢などをよくよく考えながら、個々の患者さんに一番合う治療法を考える必要があります。糖尿病の治療は、主治医の先生をはじめ、看護師さん、栄養士さん、理学療法士さんなど、多くの医療スタッフと連携を取りながら取り組む必要がありますので、かかりつけの医療機関でよくご相談ください。またの機会に、このコラムでも治療法については取り上げたいと思います。

糖尿病は、血液検査や尿検査をお受けいただくことで診断につながる病気です。自覚症状の有無に関わらず、健康診断や人間ドックで検査をお受けになることが極めて重要です。確かに、つらいことや不安なことも多い病気ですが、患者さんと医療スタッフの二人三脚で治療を行うことが出来れば、糖尿病は決して怖い病気ではありません。糖尿病に負けず、糖尿病と闘ってまいりたいと考えております。

 

(文責 升田 紫)

心房細動ってどんな病気?

こんにちは。今回は心臓病のひとつである心房細動についてご紹介してみたいと思います。みなさんは心臓の病気というとどういうイメージをお持ちでしょうか?今回紹介する心房細動は、いわゆる心臓発作と呼ばれる狭心症・心筋梗塞とは異なりやや専門性の高い病気ですが、みなさんの健康にも大きく関与し得る病気です。このコラムで少しでも心房細動に関する知識を身につけてくださると幸いです。


(
機序・概説)

正常な心臓は、安静時に1分間60100回拍動するよう洞結節によってコントロールされています。しかし、心房細動になると心房は無秩序に1分間に300700回も興奮するようになり、動悸・息切れ・易疲労感などの症状が現れ、中には重篤な脳梗塞を発症する方もいるので適切な診断と治療が重要です。右に検診で心房細動と診断された患者さんの心電図をお示しします。図2の心電図では図1と比較して基線に細動波が見られ、心拍も不整となっており、心房細動の心電図所見です。

(疫学)

我が国の疫学調査によると、心房細動の有病率は男女とも加齢とともに増加し、男性に多いとされています。その有病率は50歳代男性で0.8%、女性0.1%70歳代では男性3.4%、女性1.1%とされ、国内で70万人以上の方が心房細動を有するとされています。心房細動発症の危険因子としては年齢の他、弁膜症や虚血性心疾患などの基礎心疾患があることや飲酒、高血圧などが知られています。

(症状)

心房細動では動悸や息切れ、易疲労感がしばしば出現します。また、心房細動を放置しておくと、心不全によるむくみが出現するようになったり、心房内の血流が悪くなることで血栓が生じ、脳梗塞による突然の麻痺が出現することも知られています。脳梗塞の原因は複数のメカニズムが知られていますが、心房細動による脳梗塞は15%とその割合こそ少ないものの、最も重篤な麻痺や後遺症を起こしやすいとされており、適切な診断と治療が重要です。

(診断)

心房細動の診断は12誘導心電図により行います。また、心房細動が確定した際にはホルター心電図(24時間心電図)による心拍数の評価や、心臓超音波検査による心臓収縮の評価、弁膜症の有無などをチェックします。

あと、最も簡便な診断方法のひとつとして御自身でできる方法がありますが何かわかりますか?正解は、当HPの自身で可能な健康チェック欄にも記載がありますが、検脈(リズムチェック)です。検脈は慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、みなさんの健康チェックにとって非常に有用な情報をもたらしてくれるので、自宅での血圧測定に加え検脈も是非取り入れてみてください。

(治療)

心房細動の治療は発症してからの持続期間により異なりますが、主に薬物による除細動(正常なリズムにもどすこと)、心拍数コントロール及び脳梗塞の予防が挙げられます。不整脈に対する薬物治療は非常に有用な手段であるものの、副作用に対する注意も必要ですので専門医による治療が望ましいと考えます。また、薬物治療に難渋し、かつ根治が期待できる患者さんにはカテーテルアブレーション(高周波発生装置を用いた心筋焼灼術)も最近広く行われるようになっていますので、主治医の先生と相談しながら適切な治療法を選択していくことが重要です。

 

以上、簡単ではありますが、心房細動について紹介させていただきました。当予防医学センターでも毎年新規発症の心房細動の方が見つかっております。心房細動の診断が確定した際には適切な対応をさせていただきますので、ご安心して検診を受けていただければと思います。

(山口敏弘)

図1:正常洞調律時

図2:心房細動発症時

慢性閉塞性肺疾患(COPD)ってどんな病気?

(疫学)

COPDはたばこの煙等の有害物質の吸入や大気汚染に長期に暴露されることによって生じる慢性炎症性の肺の疾患です。我が国でも500万以上の患者さんが存在すると推定されています。喫煙が最大の原因であり、喫煙されている方の1520%がCOPDを発症すると言われており、喫煙量やタバコに対する感受性(遺伝的要因)が発症に関与すると考えられており、世界的に研究が行われています。

 

(症状)

肺に慢性的な炎症が起こる事で、咳嗽や喀痰が慢性的な症状として出現します。また、健康な人でも加齢に伴って肺の機能が低下しますが、喫煙者でタバコの煙に感受性がある人では1秒間に吐き出すことのできる空気量(1秒量:呼吸機能検査で測定します)が低下することが分かっており、身体を動かした時に息切れを感じる労作時呼吸困難の原因となります。

また、慢性的な症状に加えて、風邪や気管支炎などの感染をきっかけとして急激に咳や痰や息切れの症状が悪化する急性増悪という状態が起こることもあり、呼吸不全の原因となり命に関わることもあります。特に重症度が高い患者さんに起きやすいです。

 

(診断)

主に慢性的に呼吸困難をきたす代表的な病気が図1ですが様々なご病気があります。問診、身体診察や血液検査、画像検査、心電図検査、呼吸機能検査など検査を組み合わせることで診断を行いますが、特に呼吸機能検査の1秒量や1秒率(1秒量÷肺活量)の低下が診断に重要です。

画像検査では、胸部レントゲンに加えて胸部CTで気腫性病変(2のように肺のCTで黒く抜けた部分として写り、肺の構造破壊の結果生じます)の検出が可能です。

 

(治療)

まずは、禁煙が第一です。禁煙をすることで今後進行する肺の機能の低下の度合いを軽減する事ができます。また、ワクチンを含めた感染の予防・対策が重要です。

次に症状や検査による重症度によって異なりますが、主に気管支拡張薬(抗コリン薬、β2刺激薬)の吸入を行って治療を行います。最新のトピックスとしては2018年のガイドラインでは、急性増悪の既往の多い症例では、抗コリン薬の吸入が特に推奨されるようになりました。さらに今年2月には抗コリン薬とβ2刺激薬を組み合わせた合剤の吸入が呼吸機能の改善だけでなく、心臓の機能の項目の一部について改善の可能性を示す結果が報告されており、注目されています。さらに重症度の高い方では酸素吸入療法を行います。

上述しましたように、我が国でも多数のCOPDの患者さんの存在が推定されていますが、大多数の方が未診断、未治療であることが問題であり、実際に症状が出現して医療機関を受診された際には、かなり病状が進んでいるケースもございます。禁煙が重要なのは、もちろんですが、診察や呼吸機能検査や画像検査によって症状が出現する前にCOPDの有無の状態を把握する事が可能です。症状が無い方でも喫煙歴がある方は検診によるスクリーニングの検査をお受けになっていただくことをお勧めいたします。

 

(松崎博崇)

図1: 主な慢性的な呼吸困難をきたす疾患

図2: CT画像所見

胃食道逆流症(GERD:ガード)って、どんな病気?

胃食道逆流症(GERD:ガード)は胃内容物が食道へ逆流して起こる病気です。胃から食道に逆流する原因は様々で、逆流する胃内容物も様々ですが、これによって起こる悪影響の大半は「胃酸の逆流」によるものだと考えられています。このため、胃酸分泌を抑える薬を使うことが、この病気の基本治療方針の一つになっています。胃潰瘍や十二指腸潰瘍(消化性潰瘍)と比べると余り知られていない疾患でしたが、現在は一般の方への認知度も高まっています。現在の我が国における頻度は消化性潰瘍の10倍以上であり、最も頻度の高い消化管の病気の1つとなっています。

胃食道逆流症(GERD)は、(1) 内視鏡所見で異常所見を認める「逆流性食道炎」と、(2)逆流症状(胸やけや酸逆流症状)はあるけれども内視鏡検査で異常のない「非びらん性胃食道逆流症(NERD:ナード)」の2つに分けられます。逆流性食道炎は内視鏡検査で診断も付けやすく、また、胃酸分泌を抑える薬が効きやすいことが知られていますが、実際はNERDの患者数の方が多いことが知られています。逆流性食道炎とNERDは、いずれも食道への逆流によって起きる病気ですが、危険因子や薬剤の効き方が大きく異なっており、かなり違う病態と考えられています。

胃食道逆流症(GERD)の2大症状は「胸やけ」と「酸逆流症状」ですが、実際には食べ物がつかえる感じ・胸痛・もたれ感など多彩な症状が起きることが知られています。特に「食道外」に出現する喉の症状や気道の症状は見落とされやすく、原因不明の咳や喘息症状が、胃酸の逆流によって引きおこされていることが稀ではありません。原因不明の咳が胃酸を抑えることで改善する場合がかなり多いことが近年は分かってきましたが、医師でも見落とすことがありますので、注意が必要です。

胃食道逆流症(GERD)の危険因子として、様々な生活習慣が知られていますが、特に良くない食習慣は避けた方が良いとされています。具体的には、夜食(就寝前2~3時間は食事をなるべく控える)、早食い大食いなどの好ましくない食習慣が危険因子と考えられています。また、お腹の圧をあげる肥満きつすぎる衣服も良くないとされています。最近のトピックスとして、睡眠障害も強く関連していることが分かってきました。胃食道逆流症(GERD)患者の睡眠障害はこれまで、「就寝時の姿勢や、就寝中の唾液分泌の減少によってGERD症状が生じやすくなり、その結果として睡眠障害をきたす」と考えられてきました。しかし最近では、睡眠障害によって胃食道逆流症(GERD)が悪化する可能性が報告されており、胃食道逆流症(GERD)と睡眠障害は、相互に危険因子であると考えられるようになっています。

現在、軽症例も含めると、胃食道逆流症(GERD)の患者は、我が国の成人の25%を超えるとされ、極めて身近な病気になっています。優れた胃酸分泌抑制剤が開発され、使えるようになっていますが、まずは生活習慣の見直しによって、病気の発症を抑えるようにしましょう。また、様々な症状を呈することがありますので、もしかしたら、、、と思ったら、専門医に相談されることをお勧めします。

(山道信毅)

【逆流性食道炎の分類】N:正常、M→A→B→C→Dの順に悪化します。

20189月に新たにオープンした東大病院予防医学センター(人間ドック)は、201810月の受診者枠の増加に続き、20194月に更なる増枠を予定しております。現在は予約が非常に取りやすくなっていますので、皆さまの健康維持のために、ぜひ、東大病院予防医学センターの人間ドックをご活用ください。

東大病院