研究紹介

Home研究紹介

予防医学センターでは人間ドックサービスを行うとともに、学術面では臨床研究も行っております。

臨床データをもとにしたデータベースの構築と予防疫学を推進します。それにより、科学的データに裏付けられた今後の生活習慣指導と診療への応用が期待されます。

※ 研究への御理解をいただき、寄附の申し出をいただく場合があります。その際には、以下にご連絡をいただけると幸いです。皆さまからのご厚意も含めて、医学的なエビデンスレベルの高い研究を推進してまります。
 ① E-mail: YAMAMICHIN-INT[@]h.u-tokyo.ac.jp にご連絡ください([]を除いてお送りください)
 ②  FAX: 03-5800-9035 にご連絡ください。

脳機能・構造の身体疾患への影響の探索

近年、腸内細菌が脳に及ぼす影響や胃炎の脳機能への作用が研究されつつあり、このような器質的身体状態がどのように脳機能や構造に影響するか、という問題が再注目され、ヨーロッパを中心に神経科学の視点からの研究が始まっています。一方、その逆の関係性、すなわち、脳神経系が身体疾患にどのように影響するかは、臨床上・生物学上の重要性にも拘わらず、ほとんど調べられていないのが実情です。 

当センターでは、理化学研究所との共同研究のもと、亀田総合病院をはじめとする複数の臨床医療機関が参加する多施設共同研究を通じて、「脳機能・構造」をもとにした身体疾患の発症リスクや予後予測、新しい発症危険因子を明らかにすることを目指しています。健診受診者から収集されたビッグデータを解析することで、脳機能・構造と消化器疾患、糖代謝疾患、動脈硬化疾患、内分泌疾患、悪性腫瘍などとの相関を明らかにすることを目標に、2018年から開始しています。

(大関敦子、山道信毅)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

予防医学センターにおける後ろ向き非介入研究へのご協力のお願い


東京大学医学部附属病院 予防医学センターでは、受診者の皆様の健康維持・増進のための人間ドック業務を行うとともに、検診で得られた臨床情報および検査結果について詳細な検討を行うことにより、予防医学の発展を目指した臨床研究を行っています。

【研究課題】
脳機能・構造の身体疾患への影響の探索

【研究機関名及び本学の研究責任者氏名】
この研究が行われる研究機関と研究責任者は次に示すとおりです。

研究機関   東京大学医学部附属病院 予防医学センター
研究責任者  センター長・准教授 山道 信毅
担当業務   データ収集・匿名化・データ解析

【共同研究機関】
研究機関   理化学研究所 高次認知機能動態研究チーム
研究責任者  副チームリーダー 渡部 喬光
担当業務   匿名化・データ解析
研究機関   亀田総合病院附属幕張クリニック
研究責任者  院長 和田 亮一
担当業務   データ収集・匿名化・データ解析
研究機関 NTT東日本関東病院 予防医学センター
研究責任者  センター長 郡司 俊秋
担当業務   データ収集・匿名化・データ解析

【研究期間】
承認日~2023年3月31日

【対象となる方】
2007年7月1日から2023年3月31日の間に当院予防医学センターにおいて人間ドックを受診された方

【研究の目的】
人間ドック受診の際の問診で得られた臨床情報(現在または過去におかかりの疾患、服用されている薬剤、喫煙・飲酒などの生活習慣に関する情報など)、身体診察・測定所見や、検診目的で採取された血液・尿・便検体および、生理検査・放射線検査・内視鏡検査・病理組織検査・神経心理検査などのデータを解析することにより、脳機能・構造をもとにした身体疾患の発症リスクや予後の予測・新しい発症危険因子を明らかにすることを目的としています。疾患は主に消化器疾患、糖代謝疾患、動脈硬化疾患、内分泌疾患、悪性腫瘍などを対象としています。

【研究の方法】
本研究はあくまで過去の人間ドック受診時のカルテや診療端末に保存されているデータを収集し解析するものであり、受診者の皆様に検診項目以外の検査を追加で行うなどの介入を伴うものではありません。そのため、本研究により受診者の皆様の健康状態に直接に影響を及ぼすことはありません。(本調査とは別に、追加で生体試料を採取する研究へのご協力をお願いする際には、別途倫理委員会の承認を受け、個別に対象の方にご説明を行い同意の得られた場合にのみ実施いたします。)

本研究において、受診者の氏名、生年月日など、ご本人を特定できるような個人情報は省かれた状態で管理・解析され、外部にこれらの情報が漏洩することはありません。脳画像データはご本人を特定できるような個人情報が省かれた後に、暗号化された記録媒体を用いて理化学研究所に搬送され、解析を行います。研究により得られた結果を学会および学術論文などで公表する場合がありますが、その際にも個人情報が含まれることはありません。

この研究は、東京大学医学部倫理委員会の承認を受け、東京大学医学部附属病院長の許可を受けて実施するものです。

【個人情報の保護】
あなたの人体試料や情報・データ等は、解析する前に氏名・生年月日等の個人情報を削り、代わりに新しく符号をつけ、どなたのものかわからないようにした上で、当研究室において山道信毅(管理責任者)が、個人情報管理担当者のみ使用できるパスワードロックをかけたパソコンで厳重に保管します。ただし、必要な場合には、当研究室においてこの符号を元の氏名等に戻す操作を行い、結果をあなたにお知らせすることもできます。

この研究のためにご自分のデータを使用してほしくない場合は、ご本人(研究対象者死亡などの場合には代諾者の方)が、下記の研究事務局に2023年3月31日までにご連絡ください。ご連絡をいただかなかった場合、ご了承いただいたものとさせて頂きます。なお、研究協力を拒否された場合においても、受診者の方が当施設での人間ドック受診や当院での診療において不利益を被ることはありません。

研究結果は、個人が特定出来ない形式で学会等で発表されます。収集したデータは厳重な管理のもと、研究終了後5年間保存されます。なお研究データを統計データとしてまとめたものについてはお問い合わせがあれば開示いたしますので下記までご連絡ください。ご不明な点がありましたら研究事務局へお尋ねください。
この研究に関する費用は、東京大学医学部附属病院 予防医学センターで取得している委任経理金から支出されています。

本研究に関して、開示すべき利益相反関係はありません。
尚、あなたへの謝金はございません。

      201*年*月

【問い合わせ先】
東京大学医学部附属病院 予防医学センター
研究責任者:予防医学センター センター長・准教授 山道 信毅
住所:東京都文京区本郷7-3-1
電話:03-5800-9033

本研究は本学研究倫理審査委員会において 現在、審査中であり、これが正式な承認がおりて以降、すぐに開始する予定です。

予防医学センターのデータベースを用いた様々な疫学解析

<作成途中です>
研究①;無症候性甲状腺機能低下は動脈硬化性疾患のリスクを上昇させる。
研究②;健康診断での1年間の体重変化に伴って変化する検査項目を同定する
研究③;メタボリックシンドローム(MetS)と診断される患者の改善因子と増悪因子の調査
研究④;健康診断をうけている一般健常群の腎機能悪化の増悪因子の検討
研究⑤;健康診断をうけている一般健常群のBNPの推移と増悪因子の検討
(水野由子)

頸動脈超音波で検出する動脈硬化性変化と認知機能低下の関連についての検討

<作成途中です>
Association of subclinical carotid atherosclerosis with immediate memory and other cognitive functions.
Geriatr Gerontol Int. 2018
Jan;18(1):65-71. doi: 10.1111/ggi.13142. Epub 2017 Aug 4.
PMID:28776906
(松本ルミネ)

膵癌における脂質メディエーターについての検討

<作成途中です>
(消化器内科、山道信毅、水野由子)

心エコーデータに基づく諸研究

<作成途中です>
1) Association of subclinical hypothyroidism and cardiac structure and function
2) Association of arterial stiffness, c-reactive protein and LA function
3) Association of central obesity and RV structure and function
4) Association of intensive BP control and subclinical LV dysfunction
(水野由子)

骨密度と大脳深部白質病変および認知機能低下の関連についての検討

<作成途中です>
※本研究は、平成29年度 骨粗鬆症財団研究助成を受けています。
(松本ルミネ)

2018年9月に新たな予防医学センターとしてオープンし、10月からの受診者枠が増加しましたので、現在は予約が非常に取りやすくなっております。皆さまの健康維持のために、ぜひ、東大病院の人間ドックをご活用ください。

 

東大病院